破水、ステロイド注射、抗生剤(22週)

★22週2日、前期破水で入院直後・・・


点滴に備え、針だけをまず刺される。

「ルート確保」とかいうらしい。

手首の骨に沿った血管に刺される。

痛~い。。

2年前の出産の時、点滴されていたけど、こんなに痛かったっけ?

陣痛の痛みで紛れていたのだろうか。

まだ何の薬も入ってこない、ただの針が痛くて憎らしい。(笑)


夕食が運ばれてくると同時に、注射も登場。

リンデロンというステロイドを肩に注射する。

お食事中ごめんなさいね、と看護師さん。

一刻も早くしたほうがいい注射!!という感じだ。

ちょっと痛いですよ、我慢してね、と言われたけど、そんなに痛くなかった。

ルート確保のほうがよっぽど痛い。


ベッドで食事が終わって、一旦横になる。


21時頃、抗生剤の点滴の準備が始まった。

繋がれる前にトイレに行っておくことに。

起き上がろうとしたその時・・・

しゃーーっと温かい水が流れ出る感覚が!!

これは。

これこそは、破水って感じだ。

座ってみても、斜めに傾いてみても、じわじわと水が出てくる。

少ない少ないと言われてたけど、こんなに羊水入っていたんだ!?

と思うくらい、今までにない量が出てパジャマのズボンがビチョビチョになる。

シーツも直径30センチくらいの円ができるくらい濡れてしまった。

そして独特の匂いがする。

家で、破水と思った時は甘いような、どちらかというといい匂いがしたけど、

今出てくる羊水は、これは、精液の匂いだ。

うすーい精液って感じで、苦いような青臭いような匂い。

看護師さん、

「これ羊水の匂いだね。

トイレに行く前に、一回先生に診てもらいましょう。」


あー、本当に破水してたんだ。

こりゃ絶対ほんものの破水だもんね。

陣痛が来ても、おかしくないって、言われたのが分かる・・・


ここで初めて悲観的になった私。


診察台へ。

病棟に来た時と同じように、膣に何か入れて調べられる。

こんなに羊水が出ちゃって、一体どうなっちゃうんだろう?何が起きるんだ?とドキドキ。

ところが先生は、

「うん。やっぱり破水だね。

さっきと大きく変化したわけじゃないから。

赤ちゃんの心臓も動いてるし。

ま、大丈夫だよ!」

だって。

肩をぽんと叩かれた。

なんだか拍子抜けしてホッとした。

子宮や出口や赤ちゃんがさっきまでと変わったわけじゃないんだ。。

あんなに水が減ったはずなのに。

へんなの。

でもまあ大丈夫と言ってもらえたからそんな気がした。(笑)

またすぐ楽観的になる私。


抗生剤の点滴が始まると、時々きゅーっとお腹が張る感じがあった。

でも不安になってもしょうがないから無視して寝た。

大丈夫大丈夫。


つづく・・・

関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック