生後81日目で息子退院

妊娠29週1日で生まれた息子が、生後2ヶ月半、修正40週5日で退院しました。

鉄、リン、亜鉛の飲み薬と浣腸だけは自宅に持ち帰りになりました。

生後すぐは肺の状態がとても厳しく、人工呼吸器をはじめ、一酸化窒素や、出来うる最大の補助をしてもらいなんとか持ちこたえているような状態だったそうですが、

徐々にいろいろな機械とチューブがはずれて、母乳&ミルクを自分で吸って飲めるようになり、体重も増えていきました。

修正39週目のはじめまでは、酸素吸入のチューブとミルクのチューブで顔じゅうテープだらけで痛々しかったです。

出産予定日頃にやっと、生まれたままの(笑)、赤ちゃんらしい可愛い顔を見ることができました。

脳や目には異常なしということで、ひとまず検査は卒業。

退院後は、小児科でのフォローと、手足の動きの定期検査を受けることになりました。

それに加え、息子ならではの検査の予定がもう一件。

泌尿器科で6ヶ月頃に詳しい検査をしてもらうことになっています。

生まれてすぐからおしっこはちゃんと出るのですが、尿道にカテーテルやチューブを入れようとすると、途中で引っ掛かりがあり、入らないそうで。

そして生後すぐから、左の腎臓に嚢胞(水ぶくれ)が出来ているんだそうです。

「尿嚢腫」というそうです。

主治医の先生いわく、嚢胞は生まれてから出来たと考えるよりは、妊娠中からあったと考えるのが自然だろうとのこと。

妊娠初期から羊水が少なかったことと何か関係があるのか!?
はまだ分かりません。

妊娠中は、「普通じゃない」所見に、一喜一憂し、検査を、結果を、治療を、早く!!と焦ってしまったけれど、

今は、

おうちで家族みんなで暮らせる幸せをかみしめて、息子の成長をゆっくり見守っていきたいと思います。


出産予定日から1週間後


出産予定日から2週間後




関連記事

コメント


管理者のみに表示

トラックバック